読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lazuli

らずり

温泉・クアハウス (建築設計資料)出版社/メーカー: 建築資料研究社発売日: 2015/12/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るという本を読んだ。 入浴施設の設計思想とか載ってるかなーと思ったけど期待した内容はほぼなかった。 ヨーロッパの入浴の…

本状況

10年戦えるデータ分析入門は読み終わった。分かりやすかったし面白かった。くだんの本の最後で、統計学の初学として「マンガでわかる統計学」が良いぞと書いてあったから今はそれ買って読んでる。漫画か〜となりがちだけど文章より漫画のほうがサクサク読め…

wish list にとにかく突っ込んでいた本が溜まってきたから消化活動することにした。 最近は「杏のふむふむ」って本を読んだ。なんてことないエッセイで、どっかで連載してたのを本にまとめたという背景らしい。本屋で立ち読みしたときに文章がうまくて惹かれ…

ロジカルシンキングを読んだ

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル (Best solution)作者: 照屋華子,岡田恵子出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2001/04メディア: 単行本購入: 37人 クリック: 962回この商品を含むブログ (243件) を見るどうしたら論理的な思考になるか…

料理の四面体を読んだ

料理の四面体 (中公文庫)作者: 玉村豊男出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2010/02メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 32回この商品を含むブログ (16件) を見る確かあんちぽさんのブログで紹介されていて気になったので買った。著者の軽快な言い回しでア…

鈴木さんにも分かるネットの未来を読んだ

鈴木さんにも分かるネットの未来 (岩波新書)作者: 川上量生出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/06/20メディア: 新書この商品を含むブログ (4件) を見る ドワンゴの川上さん(ネットの中の人)がスタジオジブリの鈴木さん(ネットの外の人)に向けて理解…

「ふしぎな国道」を読んだ

ふしぎな国道 (講談社現代新書)作者: 佐藤健太郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/10/17メディア: 新書この商品を含むブログ (8件) を見る本屋を散策してて見つけた。国道マニアの著者が国道について語る本。 へんてこな国道 階段国道は、青森県の龍飛崎…

「デフレ化するセックス」を読んだ

デフレ化するセックス (宝島社新書)作者: 中村淳彦出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2012/12/10メディア: 新書購入: 3人 クリック: 52回この商品を含むブログ (5件) を見るこういう類の話は興味があって時々読む。 タイトルのとおり風俗、AVなどの性産業で価…

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイドを読んだ

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド作者: NRIネットコム株式会社,佐々木拓郎,林晋一郎,小西秀和,佐藤瞬出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2015/03/25メディア: 大型本この商品を含むブログ (2件) を見るAWS の主要サービスの概要や操作…

継続的デリバリーを読んだ

継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化作者: David Farley,Jez Humble,和智右桂,高木正弘出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス発売日: 2012/03/14メディア: 大型本購入: 24人 ク…

Serverspec 本を読んだ

Serverspec作者: 宮下剛輔出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2015/01/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を見る読んだ。Serverspec 使う機会が多くなってきたからほうほうと読めた。 mizzy さん、プロジェクトに対し…

外天楼を読んだ

一冊完結の漫画。Kindle 版買って Nexus7 で読んだ。 どっかのまとめで面白いと聞いて気になってたやつ。外天楼作者: 石黒正数出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/09/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る前情報通り、面白かった。ミステリーと…

Clean Coder を読んだ

副題は「プロフェッショナルプログラマへの道」となっていて、プログラマ向けのビジネス書といった内容になっている。プロとはどういったプログラマか、プロとしてどう振る舞うべきかが書かれている。Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道作者: R…

UNIXという考え方を読んだ

よく耳にする UNIX 哲学について説明してる本。100頁ちょっとしかない。UNIXという考え方―その設計思想と哲学作者: Mike Gancarz,芳尾桂出版社/メーカー: オーム社発売日: 2001/02メディア: 単行本購入: 40人 クリック: 498回この商品を含むブログ (139件) …

パーフェクト PHP 読んだ

読んだ。結構今更感があるけど会社の本棚に入っていたので読んだ。 内容はとても分かりやすくて、初心者が読んでも充分理解出来る感じだった。ちょっと物足りない箇所もあったけどまあ良い本だった。 フレームワークのルーティング 本の中盤でフレームワーク…

【読了】誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

経緯 「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」を読んだ。どこだったかのブログでアフォーダンスという概念についてこの本を挙げつつ言及していて、なにそれーわからんってところから購入。 90年代に初版が出たのかな?有名な本らしい。結構古めの…